美しく健康である為、我々日本人がとるべきアブラとは??

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加

港区・渋谷区・新宿区 ダイエット専門 自宅出張パーソナルトレーニング&ストレッチ 内野航です。

「アブラ」は太るからダイエット中は極力摂らない!と決めている方は多いかと思います。

たんぱく質、炭水化物は1gあたり4㎉でそれに対して脂質は1gあたり9㎉
カロリーは2倍以上…。

確かに脂質はたんぱく質、炭水化物と比べるとカロリーが高く、食べ過ぎれば確かに太ります!!(なんでも食べ過ぎれば太りますが…)

ですが、「脂質」も「たんぱく質」「炭水化物」と並ぶ三大栄養素の1つ。

脂質は身体にとって必要なもので摂らないと肌荒れや骨密度の低下の原因となります。
さらにダイエットでカロリー制限をしている期間はその危険性が増します。

せっかくシェイプアップしても肌はカサカサでは悲しいですよね…。

お肌ツルツルで健康にダイエットを成功させる為に重要なのは脂質を摂らない事ではなく
「脂質」の種類を知ってバランス良く食べる事が大切です。

私たちの身の回りには、さまざまな種類のアブラが存在します。

その中で、いま日本人が一番とるべきアブラがあります。それは魚油や、えごま油など「オメガ3脂肪酸」と呼ばれるグループのアブラです。

このアブラは

・中性脂肪を下げる
・血圧を下げる。血液をサラサラにする。
・腸の炎症を抑え、腸内環境を整える
・アレルギーを抑える
・お通じが良くなる
・骨密度の低下を抑える
・肌荒れを防ぐ

など摂ると良い事いっぱいです!

かつては日本人は魚を良く食べてオメガ3を十分にとっていました。しかし近年は、食の欧米化もあってその摂取量が激減しています。

様々な研究の結果によると、このオメガ3摂取の減少が心筋梗塞などの病気のリスクにつながることが、分かってきたのです。

オメガ3を摂る為とは言え、毎日のように青魚を食べるのは大変ですよね…。

そこでおススメしたいのは、オメガ3系のアブラである「えごま油」や「アマニ油」などを1日スプーン1杯、毎日の食事に取り入れるという方法です。

1日スプーン1杯の「えごま油」や「アマニ油」の摂取をするとアブラの摂取バランスがよくなり、私たちの体にさまざまな健康効果を与えてくれます。

【アブラの4つのグループ】

オリーブオイルや、ごま油、大豆油、なたね油など、私たちの身の回りにあるアブラは大きく4つのグループに分けることができます。

アブラというのは、さまざまな種類の「脂肪酸」がブレンドされてできており、どの種類の脂肪酸が多いかでグループが分けられるのです。

• バターや牛肉など「飽和脂肪酸」が多いグループ
• オリーブオイルなど「オメガ9脂肪酸」が多いグループ
• 大豆油やコーン油など、「オメガ6脂肪酸」が多いグループ
• 魚の油やえごま油など、「オメガ3脂肪酸」が多いグループ

この4つのグループの中で、特に重要なのがオメガ6脂肪酸と、オメガ3脂肪酸です。
飽和脂肪酸とオメガ9は身体でで作ることができます。

しかし、オメガ6とオメガ3は作ることが出来ないのです。
その為、食品から摂取する必要があり「必須脂肪酸」と呼ばれる、大事な栄養素です。

ですが、現在の日本人のアブラの摂取比率は、オメガ3だけが極端に少ないのです!

前述しましたが、これは昔に比べ、魚を食べる量が減ったことが影響していると考えられます。

とは言え、大事なのはバランスです。

必須脂肪酸のオメガ6とオメガ3は、体内で対抗するように働きます。

オメガ6は、血液の凝固や体内の炎症を促進したりする働きがあります。
一方オメガ3は、血液を固まりにくくしたり、炎症を抑えたりする働きがあります。

この働きが異なる2つの脂肪酸のバランスが崩れて、一方が過剰になると、血が固まりやすくなって心筋梗塞などのリスクが高まったり、逆にサラサラになりすぎて、出血が止まらなくなったりしてしまうのです

日本脂質栄養学会が推奨している、オメガ6とオメガ3の比率は2:1です。
しかし、日本人の現状はおよそ5:1という比率であると言われています。

オメガ6がだいぶ多くなっていますね~。

また、オメガ3は近年、中性脂肪の合成を抑える効果や、代謝を上げる効果も期待できると研究が進んでいます。

そんな摂ると良い事ばかりのオメガ3(えごま油やアマニ油)ですが、
無味無臭のものが多いので、普段の料理に入れても違和感なく食べられると思います。

(健康のために1日に小さじ1杯分の摂取が推奨されています。)

【オメガ3のトリセツ】

1)光と熱に弱い
オメガ3は、光と熱に弱く酸化しやすいという特徴があります。そのため揚げ物や炒め物など加熱調理には向いていません。

保管は冷蔵庫などの冷暗所で行いましょう。

空気に触れると酸化してしまうので、開封したら1か月をめやすに早めに使い切りましょう。

2)分量は小さじ1杯まで(4グラム)
1日の摂取は小さじ1杯までにしてください。(※油は水に比べて比重が軽いため、小さじ1杯で4グラムです)
なぜなら油は高カロリーで、食べ過ぎてカロリー過多になってしまう場合があるからです。

また、最近はサプリメントとして錠剤で販売もされています。
こちらも持ち運び便利でコスパも良いのでお勧めです!

こちらのサイトから購入出来ます。

いかがだったでしょうか?

「アブラ」は太るからと言って避けるものではなく、種類を診て上手に付き合っていく事が大切なんですね。

もし、今回の記事が少しでもあなたのお役に立てたなら幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。

ラインからもご予約、お問い合わせ可能です。
姿勢改善、ダイエットに関する情報もお送りします。ぜひお友達登録してください(^^)/

友だち追加

@abq1359z

&lt;/+0.5″></font >

Pocket
このエントリーを Google ブックマーク に追加